nigaoe_001_500 はんこ屋さん21では、似顔絵のプロに作成依頼しております。似顔絵作成は写真から行ないます。その似顔絵を使って、様々なツールにご利用できます。たとえば、似顔絵が入った名刺、封筒、はし袋からTシャツ、タオルなど営業活動はもちろんのこと、流行りのソーシャルメディアのプロフィール画像にも似顔絵が利用できます。

似顔絵をつかった販促物を使う理由は、色々なツールに似顔絵を印刷やプリントにすることで、顔を覚えてもらえることです。たとえば、名刺に似顔絵を印刷しておくことで文字だけの名刺より、インパクトが残り覚えてもらえる確率が格段に上がります。こんなデータがあります。

人は数時間経つと忘れてしまう。たった数時間で忘れる生き物なのですが、印象深いことについてはそう簡単に忘れません。たとえ忘れたとしても、なにか似顔絵が書いてある名刺の人がいたな〜と名刺を探すにしてもすぐにみつかることでしょう。会合や交流会で名刺を配る機会がよくあると思います。大勢の人と名刺交換をするとその後、この人だれだっけ? となったりした経験はありませんか。

そんな時に名刺に似顔絵があれば記憶に残っています。文字だけの名刺を見ても記憶が曖昧になってしまいやすいです。普通の名刺より格段に記憶に残す効果が高いのです。

お礼状やお手紙に似顔絵を入れたり、封筒などにもいれることで記憶に刷り込まれていくのです。ザイアンス効果といいまして、一度より複数会うことで記憶に残るとすでに証明されています。単純接触頻度を上げることを指します。

単純接触頻度は実際に会うことでなくても、ソーシャルメディアでのプロフィール写真に似顔絵をいれておくと1日に複数回みることになります。単純接触していることから、覚えてもらえ好意をもってもらうことができます。

ショップをお持ちの方はこれでもかというくらいに似顔絵を使うとメリットがとても高いのです。似顔絵は原本をお渡しできますので、様々な販促物にも利用が可能です。

nigaoe_002_500

 

 

http://mutomasataka.com/hanko21_nigaoe/

http://hanko.tv/hankoya21_nigaoe_01/

スポンサードリンク